佳翠苑皆美での席上揮毫

 
玉造温泉の No.1 宿「佳翆苑皆美 (みなみ)」でのロシア政府関係者のパーティのウェルカムイベントとして、色紙に席上揮毫をして欲しいとのオファーがありました。
書芸院 HP をみて皆美の担当者がから電話をいただいたのが、10 日前。
書芸院渉外担当の小楓先生に、お任せして、昨日の本番を迎えました。
スタッフ 9 名全員、和服でそろえました。秋華さん知人のヘアメイク着付師まで来ていただきました。
前日、「服装は、ロシア人が喜びそうな和的なものにしましょう ! 」との私のつぶやきに、準備が大騒ぎだったそうです。…
皆さん、素敵でした。
20 分前に会場入りして、着物に着替え、事前に揮毫した、40 枚の色紙を並べて、準備。
ロシア人 80 名のパーティのウェルカムイベントとして、
希望の漢字を色紙に即興揮毫。
始まってみたら、通訳者が、いませんでした。80 名の殆んどがロシア人。
日本語が通じないので、下手な英単語を並べましたが、余計に通じません。どうなることかと思いましたが、2 人の通訳者が、現れて、小楓先生と私のそれぞれついていただき、リクエストをお聞きすることができました。
リクエストが多かったのは、生まれ年の干支、「家族」「愛」「魚」など。一人で、3 ~ 4 枚の方もあり、事前に書いてきた 40 枚とあわせて、用意した 100 枚の色紙はあっという間なくなり、書遊さんに追加注文するほど。120 ~ 30 枚の色紙を揮毫しました。
やはり、外国人には、毛筆の漢字は、ウケるようです。
終了ごの打ち上げで 10 人のスタッフからは、「青秀先生、ロシア美人に囲まれて、鼻の下がのびてましたよ~」と言われましたが、
延びてたのは、和服の日本人のせいでした。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。